文系女子がどすこいするブログ

ガジェットのレビューや欧州旅行記、大学生活について垂れ流しています。深夜の通販って面白いよね。

【イタリア旅行】4 ヴァチカン美術館の豪華絢爛な展示物たちと予約方法!

前回まで 

魅惑のマッジョーレ湖 イタリアの洗濯機の使い方

ミラノ開幕0秒でスリに遭って、ピエタで泣いた

ローマ観光 イタリアのカルボナーラは日本と違う?!

 

前回はローマで町歩きをしていました。美味しい食べ物、綺麗な街並みに興奮が止まりません。今回はローマ内にある世界最小の国かつカトリックの総本山のヴァチカン市国にいってみます。ヴァチカン市国の目玉はヴァチカン美術館です。宗教画や彫刻が山のようにあります。

 

入場方法

オンラインで予約

バチカン美術館に入場するたのチケットは現地で並んで購入することもできるのですが、時間によってかなーり長い列ができてしまうので絶対にオンラインで予約するのがおすすめです。英語のサイトですが、簡単です。記事の下部で説明しているので参考にしてみてください。

 

ヴァチカン美術館フォトレビュー

https://lh3.googleusercontent.com/dECXIBz8OBSCkUz6c89NOg5aVlCOh-j4fo_n4LV_H4utV-mlkkKOwrJ2SOnqqHiil7cA3o98m9IhwQStTHX5mdvD68t1fFj9joS7xinPxx1Jw4LUfkNWEOl6hNWOVvv3-r2UYan-UqqleAQG4wQXntkRh4XcPH5YUrLXHVHvFtcCIwKLVrKJ6xZRW426hiWfNagJ5MVCvnLr5YxfkVkGTe8CCvReo9cIo0YXmmgoKrllrO8zh8v80HVwTvNL22stKWm1fQ6i8aN_w4nz2juIJ5IpYFSdnDiBdG1F5SPK2Q0lAy_uYM3ZiGLPvedZ_I8k0rhsUye3hEsntGOePlHtstXzkC3v5BzDqXUjeULIsD1WXBYO-_8fVB9QcGd-mhDm80WDrDT7_b3IyatY0vJfSpx4efe35MRUY_7uau7MDCqVYoLHbqMDzGNprf31bid5maHi-tRCmaLIkFU4GCblkBtxV1g5wa1Nrq7ozv1cMu_7pGjOV9i9OM3ri0fIDYLLRigomSpnj9a3_sh2o8BN26dspiIZYLjoDk3XY6f8-esHmqvUMqAZGLzizKaBpEmqrc7kLu3de0HpLe1lKKkwmuHodlb__x9c7gg7ULUXoeJiMI0-R7gPQyG521BBxaSiDCGkozjqBur1ofk7mkcDm7t6j22kzzy3uDh9_sDBXmWb13y0VoSGUS4csLw2AeR4tJz0u6O2T_aqe_812oYpR9g1JRpI4vVPRUiFdsYQTR5kq6f1=w2068-h1378-no

ヴァチカン美術館の展示はエジプト系のものも多くあります。兵馬俑を彷彿とさせるものたち。

https://lh3.googleusercontent.com/mh8RuHp_C6RjW7TMUzHoQnoRFNN_NRM3EJUt8z_CYx3V5kmqr5jaeDH3mn4Q-UTgdX6uTcL-0wP4G-cwBAo4noo7uXpfjCCtsmMxLqlz9_2W4sBNATiwYSV0fKHLCgLZc-_pmbtccokIw8-xrwNvVXqWuDEXgYMKmoEWF2CyFOYwCihgPD3GCGa76mKqxzGjnGS6ch4ifvQl5gxBbgheMwH8Ii-bWwBhiDvP4NYeFwSUz_aSZjPjyt76zZOB3W-s7R-ixP6TVUL9b7Z8m-I5JgC4ypP2PkJFEd6BoCg51OAOATPomBMx_bhy1xKB1VMe4HFY6ngBhGrBe3-3u1FctJJYgcrdicwNE2okHQeFMcDJ-iSqs7e4q54sKpi4tJhHg_8dzL2ujdGCSyMT8McHX2zgkVEzBtD41bLC4sVSYGY1WbFrt2avUQGaiLVcvDZqW6MhUD6dVVMa1BPOhkq9owLQYmnQxhbeuqp0N4zzi-dTNrso4EgwQ5IarxDy7A230PsHFcgr_7hfPOm2HyDwf-vXHMo6L2RLhZQGB0yF8MFfdRGb89MSAKopKrG6_hE5ykIgBnoBNbDkcrt4rt5P9DQszIhcd_1oTxnUIPjUzwaqQgfOBi00IEX-xTIov8MiW2vVRP1McFCnBF2Z1xho2bwjWhj4fXlWHQuA52bogq9ElIBCD3_0q9JNNUzR3YWeQceoTvd0OYWd5WHosnPhW36q4nhWWQj38rvH-vdt6Xop7Pfs=w2068-h1378-no

昔の人も現代の我々も猫が好き?

https://lh3.googleusercontent.com/f4UFyc_iGaZ9d9j8xtlaKDxHheEj7_wA49GME9REWhy8UfSpVdC755Dy4pAiIvor2KE1H8OuADXtChBRxub3pxeO4CDGmdWV3jVzu8tsdHVV3hjD_UfXWccjwlj8O9bjXRctWwfpFDEIzPFBX8-uaIPNB1V_SCJYgv2Sgb3qFTL-VRa-gHM2YI_Zrn2i9Ox5EuVUsgMz3Hp9t4hKWUzwyA43R51uCMFPHKXjlKWGZbHsajgqHq9dg5FxM1XnqdNXiyvt8Ud0UsW8zz77bRu2zB3swF94o_EXO8lH8MS7VvQmaibylsgAhPSEGkO04epjzw70kKdrIoKUwbsbvk8UsAWYoBbKcz5A3fTKnQS6hxxz3z42h9PiqkiesP8GYWZ_fvcYtMoCedH7Jk_0ubLsJWfxn5WEo5Ize2Kb8gerq-bJhb4JsSAFBlUvsV2ABYNN7eVifYOSqzSdJ5vEBR-atDMgBS8CIXullHTK9YxuPN7ANjGs-4D4oTHk5tWUbXFViMHOUVntuulJ5G4NiBNNUsBbgfhsYL82Q3I-nHjM1U0UgIPtpoh7IyvuU6Kb2qRo0M78qxGLjiqk3u3FEd2g4yWUATYmQwfU27eGC0_0b9MzlHBwarIS4i1E77jdyHR-rCloKBo6ekey880TNde4wtDzrqzwBNL_DohPc4MpXMuEWXfkKEknTI7XWbQCiYwm-DO1_-XYkDRe0Yp9VIhpId3rj3_MFMo17b41GDZb-03B74oL=w2068-h1378-no

お鼻がポッキリいっていたのを修復した跡が見えますね。ヴァチカン美術館は彫刻が多いです。

https://lh3.googleusercontent.com/mqfrMhIWfO7WNWV_sYXd_j31YWGmIxP64naEsi2kUpo4zQfjgVnm2Ev3i3jVN_zUk1ZDE12eZ_nUe1ZLzfEH9MaPv8ocpfIpNHQqHidbxx1UpikHPT8qW1Atg0q7LvCA9RuboFKxA74ctArnNB1-g2m0XsqmafGq1RQ0dyjBY2j56MPeZUnZjXadFHKY2q8pQl8DpljbpPSDfZHJLGB1_-n9DMoxCbkEYa89PCu3cI-pSZCYiuhFZDBtj2gN_cDki6i-4AW7B6BViAicbVfFKRs2cDm9pTaWkbKPH9aWSCfwC2wiq8SV4p7jRZXXg1bReB6SQTv9RvJVIqcLKIaQTbGvMTeRFQGuoqQJmD2bTKlWpfS3AY6NPEdSCIT9VVYgT6EQ0HwUoyHd6ukDcPKEc3JQrKCCATkiGdS8K5hXbtdHK_fYWzhuOlTIxAUFxwJZcuJZAQbf3RMGnx3Ou2yAfQ7UagOMFT54Km7bZV6WI1OU0fId6yf5T0Z6wq6bXd3jIMacqYluvWM6n05yTeym3C8HPLL6CQxrMswOGS-ztD9kUlcWci_ZwiJ82e6eYcAM6TMDBJC33-lTauQTa14wkUw5aunyVOJ4Q26m_L_cDK7X7nq3U-i5_POn5fu-ZIUItCmZZwO2_J5vHYmisEY6HiaVrE7XjozFcZ_4znRK_ft-ZiFEGVqvhLYktWfY7xCKFs3jUhC9uzcjmRyP1x7Oba61M0qrXBcyv64S25mAtP6wO8tR=w2068-h1378-no

噛まれる動物。石という素材感を超えた質感ですよね。なんだか柔らかそう。

https://lh3.googleusercontent.com/abZ0CjARtJsBIdqayzql8mOcF_h_GxGWQ2yiAvflAT3oSHn4opllBMbVsZsl5gy9cV7ojqE8ZI5AjzlQJ03WMMOOLb082YHs3Xt_RAyJarkkIXYu_UQzvIwo9sw75ZXTlFmnquW-z_9qafIeR5rNa2MickL9QfBy4oFTtfLkWQABK8NWYnOMkEo6gE0mPxZjkZ5kVXdVNpb7DF8zOLkNXJoVYYuIpJotoNZLJ5xEDi27sSX4--A0jkbaGgkJfvawDOf-age5VL2eHbwCO1ag54JJ6haKKrsDlg78qhJueCzHKfS1DyDABmAGgoU_Ez-7RdesTdcU6gpQhH1ETkqXUPH3SWXM381RMIexASPbKcM90bLaTbsJiT60lpU_2-CuZvQ-yQ3sz6UT-a8e1thEWiGgsRVT1IAuJ2HxKX3GDaBXhFFS3e9MDD3anjgVI3QD0Xz0DoLJzvJPtLUE1SMJ7wle78z1l6sRg9zUbPAUiTrfMy9XikJiwxvGkM6cmbUjyM_Jb2BAUMmDfSnkvaZ4YNTUOm9gyzpJQ6kD_7d10K9TVkdCJ_0ZGHC0VPMXjsnCGdfNu-_ck4sPwsMpRfAufs-ikLrKhvvWHc9zdxl-5XG2YqCyedUG2ppBiyrL_E6iwZMIQbg11WpwkBT0IYZhQZtYV6jPB2CgP52kZFPbAUzdiFNihz5TfBuiq_frQzxW7qeWwiWjJ5GdYWdZzpAE6SRPa0fulxNqKYcUKP5kS7jPCLuR=w2068-h1378-no

ミケランジェロにも影響を与えたとされる古代ギリシア時代の彫刻、ラオコーンです。構図が派手ですが、見ていて安定感がありますよね。今回の美術館巡りの目玉でもありました。

下の記事でミケランジェロの作品を見にいっています。

www.doscoime.com

https://lh3.googleusercontent.com/GkGX19C3xDwBFe4GDh5n7dLi6gEkK5d0nG323ZGeFxd4XatTIasyqMXS3f0b83bVCHpT2A8mHtnn0C6Si1OOQvG9lpvD7HLLp921IU3qkC3ugngGOPW3T-xfz9A7IOZ9mDZCDEOSDy5mZ9iaO_QnBRHf6MiPA4B5hZKhNKagZ9gl-A3aunqSjg171tS-vM3ixW8_-hCqvy7atjNiWVetM8zH-ABy5ljOqU3RkEYO0P2-4oBcIrI2-g6RwqDaYavnx46CxJPgEOSOKwh5Wj9ZLnbavImIU7-lxMBwQspSaXYMQIlMrsmN86XaboqDXEY22jW1Q67BLB__um4wW9mGJlo-bj7iLrYYAhrUDfnn0KxkurbAGZhfqBmX_of9isSLBmjSIIMuugEacEzWGA-1ACAVE8oRTzKH9sLCLFa5f7OVLpaMfeGwxdnmMQkSY1Il045k7D4rRr6RGxoinmbc8TwbghgrEGCtv0mQBo-2iU3JZCvCAmfb9Nykj9CbdNoZy9b-lt1OFkk_3kANkfcNmmt1DGmmTDHrPCyKGvFGHqwaJvGXQ53nI70oL-3KQJ8eOdEYkwAcgBatTweCmWH1Gk8tWB0gy_7wYPZ4yZkiFhF1c0MT9xx3nZbTazrRXILI6DlW9JVa5UrkiBQ1VdwTNNocujbI88qkh50vpcZD273BXxrrMIjBXWcLXVffPVMejkcWjRrKRxoar62o2EV4KT5Mnn8RFsN1RvtulfSQcftlwwkj=w2068-h1378-no

 ギリシア時代のモザイクが一面に敷き詰められてあるので上も下も面白い状況で目が忙しいです。

https://lh3.googleusercontent.com/ZFKuEkgBSab5srX9DOht6R2EOVGTC1qdLrn3ZLyz5ZSwVGW59luPK3Fg5tWa94iNBs6qI_cu0weKLDBtbstEtOoLv8jnIJHz6A8PVQJiazQ-Jy5V5MPDryS0kXao0qwi1OXiQ-JN-_fFQX2kf4NvV_XlWCIybLLyh9UM5SaMLOf-CR0njSvekj2b5Dxo2qraCE2oQRvU1dnrLxI2nH0vK0-SN6C9HHPxw-xr3VDMEkKLze_gW5O1nntg3N_br0wUdsrL3AlmKvyIusqhskPbsiKMXRPiY4JC_84feYowzts7P5GObMHLndYYW3Hcx5_PM5hthzYhdHBZ7ZxllIpFKuKbP412fCb6V8oJv4Z8_gwQbxWs0Bte5dLOsLBm2VjsK53E8gvAyjnJTw-B15TnHACCLsNAWxrrs2Hy4nDX-759rZT1JPZvEf_cpo7SPVJEirRIUmYsBRli89ccpSAWzRL5oJXUIdkqfzIIKquOr7cHE8C1V_5GCDaEiMPv8wF-5OaGa7WaU0RSnrYXSkrTXYhb8de2hXEh9BqY-YzYQPEupQSMbXl29Oi0_x2TEwAOIvQ5jSnvjSh9dRc1cx3GoJDCrugmAUT72JpJVroSDj69NV1Vddt3erCJO5noSPBor6SMzKkoPIhvR9Rz2PjFJtbLej8rsxFq3ITEdaVITqXOlQQBiKaKrbdK9B-Vd9JgKM0JAAIB2uDU8WrE_cKS60MUGHgeMPf_vWf3lNcog0I-sy5D=w2068-h1378-no

世界史の教科書でも掲載されている地図の間です。ここは特に人気のスポットで人がたくさんいてガヤガヤしていました。早朝に巡ることができるツアーならば落ち着いて見ることができたかなと思います。派手派手でした。

https://lh3.googleusercontent.com/sIndqw1322eKzcumQm_eECkfy09EpK9j4FaPuIzqF7_ceodpprzOo-5UYeqzvfBz0Xp6u2N-UmJ8bsohrh4QWViNgXpr8xY_mnd_WoebKe0MHj4QS47Oi_-zMk2I05U7-pDKQfAHLWgW0bi221eNeU0iRpN6aC1eAx9wTGe1cwXDJBlvsn3LOUDBzP7dhuC8i8FA4vFTY66wTD8_UcSSslDz9jqjPbUzugtfgOhNbjI2BE77svD4MpP8xvvs4l78JN1PwVN9QqxC1xFS2FG95kSXZnGTQXlCZRT5lRX4CTQj1KX3WgdOOg4ei0WpTSQ6naAWfpXm4vEo4wOnxEr8esRtV52QOpCEOMSyxuWeB_GT8ui9_bkj71s8yZVQzpsiw5M1GoeXTWO_aAH-MQjxDbAAdhrXMyZ4IN3Q7NQrbFW3HkedXMOu8lu9Jz4TJZxiUVAEpm90zWjXScefDGJHyBDKURi9hhqBG0ouV7CGESgPzhUobl-sKsqE2n1LO7g9pD5ypROWwLmsbng5wc74JqJQxHT0E8tTzeSmad0NJPRg4S7x0D4qHpwC7QD01RmBLSj5XRqOV1vF-B1YvHppP3286WYJGEHbYNO5WQar_pAouqCyR6KjvO_qvJmiVGmswiCVemK97rZBGgFqy_ettUD5cmHQN78km2MX1HppBuX3U-Lpx65QuVSaHyQ0O8OJbBawaWVowKZq5A4imf1mYGarJO0-tLazhcBZlh4hwRSXbkn1=w2068-h1378-no

現代アート的な展示コーナーもありました。

https://lh3.googleusercontent.com/M1DQ_IsUzj4K_e2_ff4MDqg3IOCVBi_aX2huOyAs4VSycO6l8JfS3yiQNrRrBjEjjKEnpjhC5BvDK9Lb6f3KZNIbXCHzw4wtFCh_nTR5_eY4VbwzsjEg_4SXTZ8qRX8FUKHV061Qf2V7eZU4Os1xRC7OMjnuOsujV_mTuggztQUUccB-Z5kxcXH0O035K3YhjV9DhjzJgI4_WtXhIME8SP0zk7c5biHnc-1tV3PnCl2pwz9bUITZEwooP-vSR0c92DJ3Xr5zFq88QOm2T7TPowWuID2tE3SvZrYeFKgmQFwTqH9i2FQb4zyP2iHQ1Xnqm8Cef6I4EhbGxKKIgnPDRDTi3v7LlvLWGaiRCrQ2cKx4oA9F5rdun-n5tTBuR4QijHWNioB_i2c2Qj1FvYMmLOZrI9JdGIQj8EZ0tM0HEL-AmQthkL7iAdc1KrRglyJ4RfKUEwOCCxiYG1qptI2oKdE9OYmLw3y39bOLOfFYAWdUgENH2NrtvtcUWN21o0LtdBGm0YkVj-IRqOqmI8vzAyLsOelbei9EIIyfeqkv6el1WubIl_xxQiDo3X7ycOXr7xR-IrdTArbA4bAZJgLlSDYtGqMdfacZ2uqBeNCAiNRjBwPqW5D6eHR2X4LBHhOzowXeHQouLJtVvI1EBlK0k6Ag47ocgVMkoiIrs3yBB9sHnUWVC0P9vl1auuB0gTgFRTt0OGIWD73Ika4Ry2LISRu9x4nkQwk7FAYlR_9BphrohTpn=w2068-h1378-no

世界史の教科書あるあるの螺旋階段です。二重螺旋になっており、とても美しい階段です。美術館の出口にあります。 

https://lh3.googleusercontent.com/wUfSm9N17l9S51idkCtUtmrbhbFlhP2CDGPJlxzp-xfi_vnHhu78hydzWtd_PV6vfu1mRqro_TUeid6I8KEVKJ_8xucWB3-vy5u4VKKzv3RZr9G_d7Wi0THfyeH1s0NFggBD7y8JPnvCF7u2kGhIBbaIJNxkRiWoEm_V4QXyoIsZMo92oNJqfODy947lp9l4_ziAY9jBptXCY7eb1gVWz7SgYbVdeQ4UZkt53uIFtVD-w3xRF1tFc-X143f82gDbX5F72XlEe5FUfT6lVUZpSS4VwQmsKv3cwMztI69j-AnhJVCwvroBG7n__2TJKWn0ie6rtWN8RRsTRRYCEf-zjnp54gon5IAohqc_LZeNNP-QMJAfuI5GszYTnwEomWBmXkrt0F9QbsI9WWrJPpLSHqZnn4U8N-3WfSaKjHdOUTB_Xo2Y-8VpWISdBWD6U9Q56iCc5eXQLrfIelaKNb3DtKxwkJqm0GVtoLWTjyw7ZbBp5q0eNv8VrymLKLL-QbUgZDdxdXH23oNCWapIVtXDQ8H2nRicoUrslKFDonDtvqgMbpbZseLi1BxhEyMuzfAjfaJwML7gt6a-k8d637im-SXxEahN-yXj6OtFxwg8eyqYh4K9PED5-C7CSYMciT5-Oft-eJ1WWmqflqtRaQ-Ns2wO5c5WbOkcpL_GTKrEHc5hNciScMe7MqHhVcEH1Tkhy160oqmfNDT8ZTMUSW1mtvQyJK23guUpqA2Zx_EMr4lwK-4H=w2068-h1378-no

このお顔好き。

 

ヴァチカン美術館の予約方法 

biglietteriamusei.vatican.va

ヴァチカン美術館のHPにアクセスします。世界的に有名な美術館の公式HPにも関わらず、シンプルなデザインなのでびっくりしてしまいますがこちらで間違いありません。

 

ヴァチカン美術館のHPスクリーンショット

下のエンターというボタンから入ります。ここからは英語で表示されます。

ヴァチカン美術館 予約 スクリーンショット

普通に入場券だけを購入する想定をしているのでADMISSION TICKETS(入場チケット)を選択します。ヴァチカン美術館とシスティーナ 礼拝堂に入場できるチケットになります。他にも朝食付きの早朝ツアーやガイド付きのツアーがあるので興味がある人はそちらを予約してみても楽しいと思います。

ヴァチカン美術館 予約HP スクリーンショット

VATICAN MUSEUMS AND SISTINE CHAPELを選択します。

ヴァチカン美術館 予約HPスクリーンショット

上部のINFORMATIONでは入場料の説明が書いてあります。正規価格だと17€、割引価格だと8€です。さらに事前予約の手数料として4€も必要になります。現地で並べば最安値で帰るのですが、スムーズな入場ができる保証がないのでオンラインで買っておくべきです。

 

オーディオガイドは追加で7€、子供用だと5€とのことです。日本語に対応したオーディオガイドももちろんあります。

 

割引価格の対象となるのは、6-18才までの子供と25才までの学生です。学生証か国際学生証を提示する必要があるようです。日本のものは有効か不明なので国際学生証を持っているに越したことはないです。私はこれで割引価格で入場しました。

 

参加者は自分の身分証明書を持って来る必要があるようです。パスポートで問題ありません。

 

下のSELECT PERIOD AND PARTICIPANTSの欄から入場者の数と入場する予定の月を選択し、NEXTから進みます。

ヴァチカン美術館 予約HP スクリーンショット

カレンダーが表示されます。行く予定の日付を選んで時間帯を選択します。AVAILABLEが書いてあれば選択できます。一番右のSELECTを押すと次の画面に移ります。

一番上のSUMMARYに日付や時間、人数などが表示されてあります。念の為確認しましょう。TYPE OF TICKETからチケットの種類を選びます。

Full price ticketは一般の入場料です。Reduced ticketは学割などのチケットです。その下の項目はそれぞれのチケットにオーディオガイドがついたチケットです。

 

上記の項目の中から自分の予約したいチケットを選んで、QUANTITYの欄から枚数を選択します。一番最後の欄には事前予約の手数料として4€がかかっていることが明記されています。

 

次のページでは支払いに使う情報の入力をしていきます。MasterCardとVISAが使えるようです。

 

REFERENCE DATAでは予約する人の情報を入力していきます。SURNAMEに苗字NAMEに下の名前を入れます。SEXは男性ならM、女性ならFを選択します。

 

LIST OF PARTICIPANTSではチケットを使う人の名前を入力します。

 

GENERAL NORMS OF PURCHASEの欄はチケット購入にあたっての規約に同意するという欄です。下のRULES FOR REDUCED TICKETSも学割料金でチケットを予約することの同意の欄になります。

 

こんな感じでチケット予約を進めていきます。

 

ヴァチカン市国に入国!

頑張ってWEB予約したチケットを握りしめてヴァチカン市国に向かいます。

特に入国の手続きはありません。荷物のセキュリティチェックのみです。短パンやタンクトップなどでは入国を断られる可能性もあるみたいなのであまり、部屋着っぽい格好は控えた方がいいです。

 

客引きに注意

バチカン市国入る手前のところで信号待ちをしていると、中東系の人に声をかけられました。優先して入国できるよー、と声をかけられるのですがどうやらぼったくりツアーだったりすることが多いようなので注意しましょう。予約していれば問題なく入場できます。

中には嘘をついてWEBのチケットではすべてのものを見ることはできないとまで言われることがあるみたいです。

 

今回はこんな感じです。オーディオガイドを聴きながらゆっくりマイペースに回りました。とてもボリューミーで面白かったです。皆さんもぜひお気に入りを見つけてみてください。

 

次回記事

www.doscoime.com

 

よろしければポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村