文系女子がどすこいするブログ

ガジェットのレビューや欧州旅行記、大学生活について垂れ流しています。深夜の通販って面白いよね。

【食レポ】ヨッポギ甘辛味を食べてみた(アレンジ有り)

 

じゃん、今日はこちらの韓国のカップトッポギを食べてレビューしていきます。

ヨッポギは韓国語で요뽀끼と表記します。こちらのヨッポギはカルディーなど輸入食品を販売しているお店や、ビレバンなど雑貨屋などに売ってあります。

 

種類が色々あるみたいでこれの他にもチーズ味、激辛味、チャジャン味、オニオンバター味があるみたいです。他のものも挑戦してみたいですね。

 

ヨッポギの中身

カップを開けると中はこのように2つの袋が入っています。

 

1つ目はトッポギ、もう1つは甘辛いたれが入ったパウチになります。

 

甘辛いタレは何が入っているのでしょうか。

裏の成分表示をみてみると、

ケチャップや砂糖、コチュジャン、玉ねぎやビーフエキスが入っているようです。これは間違いなく美味しそうですね。材料もわかりやすいので次回は自分で似たようなものを作ってみることもできるかもしれません。

 

作り方

では早速作っていきます。作り方は驚くほど簡単です。カップにトッポギを入れ、タレを入れ、水を大さじ1杯入れてチンするだけです。

 

そしてできたものがこちらです!

カップで食事をするのは好きではないのでお皿に移し変えてみました。

タレがとろっとしていて、美味しそうです。今まで全く気づかなかったのですが、具が全くないですね。私的には、ネギとかチーズを入れてもいいなと思いました。

やっぱりチーズをかけてみました。本当はねぎも入れてみたかったのですが、切らしていたので今回はなしです。追加で30秒電子レンジで温めました。すると、チーズがとろけて美味しいです。こちらの商品は、チーズ味もあり以前食べたことがあるのですがそれとは違った味わいで、フレッシュなチーズ感がありました。

 

他にも、もう1つアレンジをしたのがにんにく投下です。味がシンプルで食べていると量も多いことから飽きてくるのでにんにくとブラックペッパーで味に変化をつけてみました。コチュジャンとチーズが入って間違いなく美味しかったヨッポギがこれらにより、完璧に美味しくなってしまいました。幸せです。

 

他にも卵を入れてみたり、万能の油であるごま油を入れてみても美味しいと思います。内容がシンプルなので色々試してみるのも楽しそうです。よかったら試してください。

 

肝心のヨッポギのお味は?

タレが甘辛いです。辛いものが少し苦手な私ですが、問題なく食べることができました。辛さは市販のキムチよりは少し辛いといった感じです。タレがとっても美味しいですー!

 

表示通りに温めたのですが、トッポギが少し硬くて喉につまりそうでした。少し硬めで作られている商品なのかもしれません。好みで加熱を繰り返していました。

 

まとめ

完食した感じ、かなりお腹いっぱいになります。トッポギはおもちみたいなものですからそうなりますよね。味付けは甘くておやつにいいかな、って思ったのですがお腹に溜まってしまうので次の食事までに時間が空くとき出ないと食事のリズムが狂ってしまうかもしれません。2人とかで食べればちょうどいいかもしれません。

 

 

よろしければポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村