文系女子がどすこいするブログ

ガジェットのレビューや欧州旅行記、大学生活について垂れ流しています。深夜の通販って面白いよね。

一人暮らしの生活にレコーダーはいるか?【必要な家電、不要な家電を仕分ける】

 

一人暮らしの家具家電を揃える際にどこまで家具家電を買えばいいのかわからないですよね。そこで必要な家電、要らない家電を私なりに線引きして解説してみました。

 

結局は生活スタイルによるものになるので自分がどういう生活をするのかを考えながら参考にしみてください。

 

ほぼ確実にいるもの

洗濯機

これは洗濯機を配置するコーナーがある場合は必須です。洗濯機共用の家を借りるならば不要ですが、行き来するのがめんどくさいこと、清潔さを考えると自分のものを持っていた方がいいです。

 

冷蔵庫

これも必要です。自炊を全くしない、全ての食事を外食かコンビニなどで済ませるという人もさすがに持っておいた方がいいと思います。

 

アイスや飲み物を冷やしたりしましょう。サイズは自炊をしない人ならばホテルにおいてあるような小さいもので大丈夫です。思い切りの良さは大切です。初期コストとお部屋のスペースを節約してしまいましょう。

 

自炊を結構しそうだなという人は想像よりも大きいものを買っておくと幸せになります。私は、一人暮らしで一般的な120L程度のものを使ってるのですが、作り置きをしたり、野菜を大量に買い込んでしまうといっぱいいっぱいになってしまいます。

 

どうしてもスペースが不足して困っているという訳ではないのですが、もっとスペースがあった方が食べ物を手に取りやすかったり、冷却の効率が上がるのでおすすめです。

  

あってもなくてもいいもの

掃除機

掃除機は、床がフローロングである場合はフロアモップで事足りてしまいます。代表的なのがクイックルワイパーとかです。

 

フロアモップがあれば床のホコリや髪をしっかりキャッチすることができます。掃除機なら夜の使用を控えなければいけませんが時間を選ばずいつでも稼働できるのも良い点の一つです。

 

さらに、髪の毛が長い人の場合掃除機で吸ってしまうとヘッドに髪の毛が巻きついてしまうのが嫌なポイントです。

フロアモップは都度ヘッドを交換できて衛生的ですし、そんなにコストもかかりません。私は百均で40枚入りのものを使っています。毎日モップがけしても月100円しかかからないのでおすすめです。

お掃除シートのイラスト

他にもウエットタイプを使えば雑巾を使わない拭き掃除ができるので丁寧な掃除も腰を傷めずにできるので圧倒的に推したい掃除方法です。

 

1日に1、2回はドライタイプでお掃除。人が来る前や床の汚れが気になった時はドライの後にウエットタイプで掃除するのがいいと思います。綺麗な床だと過ごしやすく感じます。

 

さらに、毎日床掃除をするとで床にものをおかなくなります。それによって汚部屋対策にもなるので心がけています。

 

ロボット掃除機は?

これは今私が欲しいものです。1日1回の掃除では事足りないこともあるのですが、ロボット掃除機があれば勝手に綺麗になっているかもしれないですね。

 

ロボット掃除機とフロアモップで楽に綺麗なおうちが保てそうなので、普通の掃除機よりもロボット掃除機の検討をするのは悪くないと思います。

 

テレビ

これは生活スタイルに大きく左右されるものだと思います。ジャニヲタだったりすると買わない理由はないと思います。実家ではそこそこテレビをみていたのですが、下宿を始めるとめっきりみなくなってしまいました。

 

別にテレビ自体はなくても良かったとおもいます。実際バライティやドラマなどはオンデマンドサービスを使えばパソコンやスマホなどでみれてしまうからです。しかし、ディスプレイという観点からだとテレビを持っておいてもいいとおもいます。

 

ゲームをしたり、パソコンとHDMI接続をして2つ目のディスプレイとして使うことができます。ので、たまに見る用として持っておいて他の目的でも使うということをするのであれば大ありだとおもいます。

 

レコーダー

民放番組のオンデマンド配信や、アマゾンプライムなどの拡大を考えると別になくてもいいものになってきています。実際、私の実家のレコーダーが壊れてしまったのですが、TVerがあるので買い換える必要がないという結論に至ったようでした。

 

ジャニヲタやその他趣味で必要な人以外はなくてもいいかもしれません。

 

炊飯器 

これは必ずいると思われますが、実は他のものでも。それは電気圧力鍋です。電気圧力鍋があれば、炊飯だけでなく、煮物なども簡単にできてしまうのでおすすめです。圧力鍋を使うことによって時短調理ができるのがいい点の1つです。

 

下の記事でも詳細にレビューしているので気になる方はみてみてください。

 炊飯も20分程度で炊き上がります。他にも、切った野菜と調味料を入れて、ダイヤルを回すだけでほくほくの煮物ができます。電気圧力鍋の何が素晴らしいかというと、目を離して調理できる点が素晴らしいのです。

 

普通の圧力鍋だと火やIHを使うので注意をいくらか留めながら使わないといけませんが、電気圧力鍋だと加熱と加圧、保温まで自動でやってもらえるので入れっぱなしで調理できます。

 

時短と、手放し調理を叶える電気圧力鍋はかなーり自炊の助けになります。料理するかなっていう人は、普通に炊飯器を買うのではなく電気圧力鍋を買っておくと活多用途に使えるのでおすすめです。

これが私が持っている電機圧力鍋です。ボタンがついていて多機能のモデルもあるのですが、やっていることはほぼ同じでなのでコスパの良い旧式のダイアル式を選びました。こちらだと1万円切っています

 

まとめ

一人暮らしの生活で必要な家電、必要のない家電について考察していきました。初めて一人暮らしをする人は自分がどのような生活スタイルを送ることになるかは、検討つけづらいとおもいます。

 

金銭的にも空間的にも余裕があるのならたくさんの家電を買ってもいいと思うのですが、不要だったり他の物によって代用できる場合であれば一度考えてみてもいいとおもいます。

 

よろしければポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村