文系女子がどすこいするブログ

ガジェットのレビューや欧州旅行記、大学生活について垂れ流しています。深夜の通販って面白いよね。

風邪引き大学生は保険管理センターに行って!お薬が無料で貰えた話

よく風邪をひきます

そんな日は大学のは保健管理センターに相談するといいです。
こんにちは、ただいま絶賛風邪ひき中のあおです。ずびずび。

 

大学に在学している人であれば、風邪や体調不良があればまず大学の保険管理センターに駆け込むことをお勧めします。

 

うちの大学の場合なんと、無料で診察とお薬処方がしてもらえるます。ありがたいですよね。風邪を引くたびに通っています。

 

保険管理センターとは

保健管理センターでは、

・学内で発生した急な病気や外傷などに対する救急処置

・健康診断の結果に基づく再検査・精密検査についての相談

・日常の健康に関するあらゆる相談

を受け付けてくれます。

 

わたしならば3番目の部門で多くお世話になっています。具体的なできることをわたしの体験談とともに紹介していきます。

 

風邪の場合

わたしは保険管理センターの風邪利用は3回経験があります。

 

うちの大学の保険管理センターは小規模なクリニックのような雰囲気です。診察室に入るとお医者さんがいて、喉を見られたりと普通の診察を受けます

 

お医者さんは入学時の健康状態が記載されているカルテを見ながら診察してくれました。

 

そして保険管理センター内で薬も処方してくれます。薬局にもいかなくていいのですごく楽です。

 

もらった薬は3日分の風邪薬とトローチ、頭痛薬でした。

 

わたしはよく頭痛薬を服用しているのでそのことを伝えると飲み合わせの良い頭痛薬を処方してもらえました。

しゅごい、至れり尽せりでありがたい…。

 

薬局で風邪薬を買うと1500円とかしてしまいますけど、保険管理センターなら節約することができます。

 

別の大学では有料で400円くらいかかるという話を聞きましたが、病院にいくよりも、薬局で薬を買うよりも手軽に治療できるのでお勧めです。自分の大学の保険管理センターを調べてみてください。

 

膀胱炎の相談にも

先日、膀胱炎になったみたいで最初に保健管理センターに向かいました。

 

尿検査を一応したのですが、膀胱炎は1週間ほど薬を飲めば基本的には治るのですが、保健管理センターでは3日分の薬しか出せないので病院にいくことになりました。

 

保健管理センターに頼れるのはケースバイケースのようです。あくまでも保健室の延長です

 

さいごに

私は風邪を引いた時に保健管理センターにお世話になっています。

 

市販のお薬を買わずに学校で全てがおさまるのですごく便利だと思います。機会があればぜひ自分の大学の保健管理センターを調べてみてください。