文系女子がどすこいするブログ

ガジェットのレビューや欧州旅行記、大学生活について垂れ流しています。深夜の通販って面白いよね。

電気圧力鍋って手放しで料理ができる最高の調理器具じゃん

 

みなさんこんちは!今日は電子圧力鍋についてお話していきます。

 

圧力鍋はメジャーだけど電気圧力鍋はあまりメジャーではないですよね。そんな謎に包まれた圧力鍋について徹底的にレビューをしていきます。

 

 

電気圧力鍋とは

一般的な圧力鍋はコンロやIHに置いて使うお鍋なのですが、電気圧力鍋は独立した調理家電です。見た目は炊飯器に近い雰囲気で、コンセントにさすだけで加熱調理ができるようになります。

 

私が購入した圧力鍋

私が買った圧力鍋はシロカの電気圧力鍋です。

 こちらは電気圧力鍋の中でもかなり低価格のものですが、基本的なことは問題なくできます。加熱、加圧、保温ができます。高級なものだと、予約調理だったり細かい設定や、自動で中身をかき混ぜたりしてくれるみたいです。

 

電気圧力鍋を買った理由は?

時短料理ができる

電子圧力鍋を買った決め手は、炊飯できる+時短料理ができるからです。

 

圧力の力で普通のお鍋でお料理をするより早く終わります。さらに、材料を切って調味料を入れるだけ他は自動で火の調節をしてくれるので手がかかりません!

 

以前まで炊飯器を持っていたのですが、机から落としてしまったことがきっかけで壊れてしまったので買い換えることにしました。しかし、そのまま炊飯器を買うのも面白くないな、と思ったので面白い機能のついた炊飯器を探すことにしました。

 

そうしてリサーチしているうちに出会ったのが電気圧力鍋です。これは炊飯はもちろんできるのですが、そのほかにも煮込み料理などの時短としても活用できます。

 

普通の圧力鍋との違い

細かい設定や調理に置いては圧力鍋に軍配が上がりますが、放っておいても良い圧力鍋の方が楽チンです。さらに、コンロを使わなくていいのは、ワンルーム狭キッチンで料理をする私にとっては助かります。

 

電気圧力鍋の気になる点 

基本的には電気圧力鍋に満足しているのですが、何点かは気になる点があります。

レシピの時間がよくわからない

圧力鍋レシピはこの世にたっくさんあるのですが、電気圧力鍋に特化したレシピはあまり多くはありません。レシピに忠実に調理をしていきたい人は気になるでしょう。

 

私は感覚でやってしまうので、さつまいもの甘露煮をしても加圧しすぎて芋を煮崩れさせてしまったことがあります。一応、加圧時間の通りにするのですが、具合が違うこともあるので鍋と向き合って感覚を掴むのが解決策かなと思います。

 

炊飯とおかず作りが同時にできない

同時調理とはできないので炊飯しながらおかずを作ることはできません。しかし、これは大きな問題ではないと思います。電気圧力鍋を使えば炊飯が20分くらいで完了するのですぐに他の調理を開始させることができるからです。

 

本格派の炊飯器では60分以上かかることもありますが、電気圧力鍋にかかれば時短でふっくらツヤツヤーのご飯が作れるので満足しています。

 

全力でおすすめしたい電気圧力鍋

圧力鍋自体を使うのも初めてだったのですが、使い方はダイアルをひねるだけなので簡単に扱えます。普通の圧力鍋より敷居が低いと思います。

 

材料を切って調味料を入れるだけで完成してしまうので手間が圧倒的にかからなくて楽です。鍋の様子を見ていなくてもいいので、フライパンで別のおかずを同時調理することもできます。簡単に料理のレパートリーや品数が増やせるので自炊派の人にはおすすめです。

 

よろしければポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村