文系女子がどすこいするブログ

ガジェットのレビューや欧州旅行記、大学生活について垂れ流しています。深夜の通販って面白いよね。

Kyashの2%還元が終了!増税後のポイント制度を踏まえて実質支払いの金額を計算してみた。

 Kyashの最強キャッシュバック終了! 

10月1日より「Kyashポイント」がスタート。同時にキャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元... - Kyash NEWS

Kyashの2%キャッシュバックが終了してしまいました!キャッシュレス消費者還元を除く、恒常のポイント還元では利用額の1%になってしまいました。これまでの2%還元は2019年9月30日で終了とのことです。

 

キャッシュバックは無くなったがポイント還元がすごい

しかし、翌日の10月1日からはキャッシュレス消費者還元が開始され、その事業の加盟店だと恒常のポイントを含めると3-5%のポイント還元があるそうです。(リアルカード有効済みの場合)

 

これまでのキャッシュバックは翌月になっていましたが、これからは売り上げが確定したタイミングでポイントとして反映されるので、比較的すぐにポイントを使うことができそうですね。

 

しかし、キャッシュバックという形ではなく、ポイントという形式なので使わなければ消失してしまう可能性も出てきます。気になる有効期限は180日(半年間)です。日常的にKyashを使っている場合であればこれは問題ないと思います。

 

いつまでキャッシュレス消費者還元は続くのか?

消費者に決済額の5%(または2%)が還元される期間は、2019年10月1日から2020年6月30日までです。

*1

それまでは還元が受けられるみたいです。キャッシュレス消費者還元に加盟していないお店ではこれらは期間を問わず受けられず、還元はKyash恒常の1%還元のみということになります。

 

所感

Kyashのポイント還元率の2%はトップクラスで、定期券などの大きい買い物をする時には大変重宝していたのですが、これは少し痛いと思います。他のポイント還元追加のどさくさに紛れて減少してしまった感じですよね。キャンペーン終了後が思いやられます。

 

いくらポイント還元が多いとはいえ、増税と、加盟店のみという点がネックです。

 

実質どのくらいの金額が変わってくるの?

ここで、どのくらいの金額の差があるか計算してみます。税抜き1000円のものを買った時のシミュレーションです。増税後、消費者還元事業の非加盟店の場合は2020年7月1日以降のものと同額です。

キャッシュバック額の比較表

5%の消費者還元であればかなりお得に買い物ができますが、2%だと微妙です。2%の還元率のお店は中小規模のお店になるので消費がより大手志向になってしまうことも懸念されますね。

 

Kyashの還元率が下がったことからKyashの見直しを検討したのですが、他のサービスもどっこいという感じなので利用は継続していくつもりです。Kyashは自動チャージに他のクレカと紐付けするとポイントを二重にゲットすることができることからもまだお得です。

 

2020年の7月以降は消費者還元ポイントがなくなるのでその時までには再検討の余地がありそうです。

 

【合わせて読んで!】

今年買ってよかったものを紹介しています。増税前に買うのもありです。

www.doscoime.com

 

よろしければポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村