文系女子がどすこいするブログ

ガジェットのレビューや欧州旅行記、大学生活について垂れ流しています。深夜の通販って面白いよね。

【ドイツ旅行】1 ルフトハンザ航空でのフライト

ヨーロッパ1か月周遊とは

こんちは!あおです。

 

今回から今年の上半期に行ったヨーロッパ周遊1か月の旅を記事にしていきます。

 

私の学部は全員海外に留学に行かなければならないので、学校のプログラムの一環としての渡航でした。

 

学校の研修自体は2週間なのですがどうせ海外にいくならと、2週刊前乗りして計1か月間海外滞在していたのでその思い出と記録をのこすために記事にしていきます。それではどうぞ。

 

ワクワクの1日目

f:id:unagiao:20190816101340j:plain

初日は移動になります。朝一のから飛行機にのることになっていました。

 

航空券は生協を通じて購入しています。もっと安く買う手段はあったと思いますが、学校の研修だったこと、飛行機が飛ばなかった場合のサポートが充実している事から生協を選びました。

 

伊丹の関西国際空港羽田空港ミュンヘン空港という移動になります。

 

リムジンバスで関空

朝の8時頃に離陸の便だったので7時くらいに伊丹に向かいました。

神戸から伊丹空港まではリムジンバスで移動します。神戸三宮駅からだと訳40分程度で1050円でした。地味に高いです。失くすのが怖いので少しお得ですが往復分を買うのはやめておきました。

 

阪急三宮駅を南側に出て、高架下沿いに西側に進んだところに乗り場があります。先にバスの乗車券を購入しましょう。

 

私は、のろうと思っていたバスが来る数分前に乗り場に到着したのですが、券売機にも列ができていて1本乗り過ごしてしまいました。時間に余裕をもって空港にしたいようであれば、事前に買っておくか早めにバス乗り場に行きましょう。

 

バスに乗って伊丹へGOです。私は物心ついてから初めての海外ということもあり、同行した友人も初めてのヨーロッパということもあり、朝はやいのにハイテンションでした。もうすぐ海外と思うと楽しいものですよね。

 

 

無事に搭乗手続きも済ませ伊丹→羽田へ。

 

それまでハイテンションだったのですが前の日の睡眠時間が4時間しかなかったので一旦1時間程度爆睡。

 

目が覚めればそこは東京でした。東京も物珍しくうきうきとした気分です。

 

出国手続きをとっとこ済ませて免税店巡りです。あこがれのヴィクトリアシークレットのストアが!意味もなく物色しました。

 

初のルフトハンザドイツ航空

f:id:unagiao:20190815232200j:plain


機内食メニューがこちらです。和食か洋食か選ぶことができます。

 

f:id:unagiao:20190815232523j:plain



フライトが10時間以上あったので昼食と夕食の2食ついています。こちらは夕食のすきやき。ごはんがあるのにパンもあるのって感じです。パンはいったん残してあとから少しずつ食べました。

 

飲み物はいつでももらえます。食事の時はCAさんが回ってきて継いでもらえます。シャンパンやワイン、ジュース、やお茶もあります。

 

映画をみつつ、食事を食べつつ、寝つつ。

 

快適な機内のために、スリッパと歯ブラシは地味ながらも重要です。ぜひ持っていってください。

 

暇をしないようにタブレット端末を持ってきていたのですがネットに繋げられませんでした。課金しなければ無理なのかもしれません。なので、動画などはダウンロードしていくともっと幸せです。

 

機内サービスで映画も見ることができます。新作から名作もたくさんあるのでそっちを見ることに。カメラをとめるな、パッセンジャーなどを見ました。機内で泣きました。

 

映画も数本みて、眠気もなくなってきて、飛行機に飽きてきたところやっと着陸です。

 すっかりお疲れです。

 

はじめての入国審査

飛行機を降りれば初めての入国審査です、出国は出すだけだし、国内なので想像の3倍あっさりでしたが入国審査ともなれば若干の緊張はつきものでした。

 

入国して初めての英語使用です。(ドイツ語知らない)

レターはあるかと聞かれました。レターが何なのか全くわからなかったのですが、会社

員ならば会社から発行してもらえるもののようです。

 

わたしはわからないなりにその場でとにかく渡航の予定を証明するもの(生協で発行された往復の飛行機の日付が記入されてある書類)を出しました。

 

あとfor trip とも伝えた記憶があります。

 

なんとか入国はできました。レターはこれで正しかったのか謎ですが調べてもあまり情報が出てきませんでした。

 

ユーロをATMからおろしたりするうちに外は暗くなっていました。初海外で夜の移動は怖かったのでとっとこリムジンバスに乗りミュンヘン市内へ移動します。

 

次回

国内という安全圏を出てからミュンヘンへ移動します。ミュンヘン中央駅までの交通手段の紹介、中央駅でのトラブル、宿泊ホテルのことについて書いています。是非チェックしてみてください。

unagiao.hatenablog.com

 

 

よろしければポチっとおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村