文系女子がどすこいするブログ

ガジェットのレビューや欧州旅行記、大学生活について垂れ流しています。深夜の通販って面白いよね。

現役大学生が教える!タブレットはパソコンの代わりに使うことができる6つの理由

 

f:id:unagiao:20181109114025p:plain

 

大学生は基本的にパソコンを使うという認識はもはや当たり前の時代ですよね。実際大学入学を機に個人パソコンを買う人は多いと思います。

しかし!そのなんとなくな印象でパソコンを買っていいのか?実はタブレットでも代用、むしろ便利に出来てしまいます。

今回はパソコンの代わりにタブレットを導入することについてお話しして行きます。

前提

ここで前提としているタブレットiPadです。

iPadが挙がっているのは、他のタブレットより安定していて、Apple Pencilが使いやすいからです。

パソコンよりタブレットをお勧めする理由

1安い

まずはこれです。エントリーモデルのパソコンくらいの価格でApple PencilとiPad 2018が購入できます。このiPadApple Pencilを使える現存のiPadの中で一番安いモデルです。

最初にエントリーモデルのパソコンを買ってしまうと後からスペックが高いものが必要になってきたり、逆にスペックが高いものを持っているけど使わず無用の長物になってしまうことが大学生には良くあります。

二極化が激しい分野なのでとりあえずはパソコンは買わない、というのが今回の主張です。

2軽い

ノートパソコンはiPadに比べると重いです。

iPad 2018は重さ469 g、厚さ7.5 mmなのに対して一番軽くて薄いモデルのMac Bookは重さ920g、厚さ13mmです。重さがおおよそ倍あります。

大学生はリュックで大学に通いがちですが、リュックが重いとダイレクトに腰に負担がかかります。教科書も持つのでなるべく軽い方が楽です。

私はまだその域に行っていないのですが、教科書を電子書籍で買う、または自炊すると身軽が極められますね。

 

3実際パソコンはそんなに使わない

主に文系大学生がパソコンを使わないとできないことは少ないです。

今やOfficeもアプリが出ているのでタブレットでもレポートやプレゼン作成もiPad一台でこなせます

文字うちはBluetoothキーボードがあればパソコンと遜色ありませんし、タッチ操作がより直感的にできます。

 

4ノートが取れる

私はiPad 2018とApple Pencilでノートをとっています。これがすごく便利です。

多くの大学生はルーズリーフやパソコンでノートをとっていますが、これはそれのいいところのハイブリッドです。もはやノートテイキングの最終形なのでは

 

iPadがノートをとるのに適している理由

 

  • ノートをなくさない

私は自己管理能力が低い人間で高校やiPadを買うまではレジュメをすぐなくすしてテスト前に困ったりしていましたがこれはファイルとして管理でき、常に整理されてあるのでなくさず、見たいものがすぐ見つけやすいのがGood。

 

  • Apple Pencilががシャーペンよりすごい

Apple Pencilが万能すぎて言葉が出ません。普通のペンとしても蛍光マーカーとしても使えます。アプリによって様々なペンのタイプや色もを選べるので無敵です。

従来通り、ノートの端の落書きもできます。

 

最近は多くの大学がeラーニングに対応してきています。授業で使用されているプリントやスライドをネットにアップロードしてもらえるシステムが大学から用意されています。スライドに直接書き込むことで復習がとてもやりやすくなります。

 

  • 4写真をノートにはれる

これは1番感動したところです。

授業で言及された絵画などをその場でググってペンでドラッグするだけでノートに写真を挿入できます。

高校の時世界史の資料集の写真を何度ノートに貼りたいと思ったことか、という感じです。ノートが綺麗でわかりやすくなります。

 

5様子見ができる

入学前にパソコンを買ったけど学校で使っているソフトがWindows版しかない、またはMacの方が環境が整う、など初見殺しが入学後に発生しがちです。入学前と入学後では情報の集めやすさが段違いです。

入学後ならばサークルや学部の先輩に気軽に聞けますし、同級生の反省点も生かすことができます。

6なんだかんだタブレットが欲しくなってしまう

タブレットはすっごく便利です。あったらいろんなことが捗ります。

 

タブレットでよくすること

 

今は電子書籍読み放題サービスがあったり、青空文庫昔の名作がタダで読めますスマホだと読みづらくパソコンだと機動力が低かったりと帯に短し襷に長し状態ですが、タブレットはちょうどいいです。ゴロゴロしながら、通学中にも読めます。

学生の本分は読書だと私は思っているので読書環境にお金をかけるのは大切であり、無駄になることはない分野ですね。

 

  • 動画を見る

Amazon primeで映画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリーを見たり、YouTubeを見たりします。

手軽で画面も大きく単純に幸せな気持ちになります。

 

  • ネサフが捗る

画面が大きく表示できる情報も多いのでスマホよりやりやすいです。

 

 

まとめ

ここでは最小限のコストで最大の結果を出すためにタブレットをおすすめしてきました。でも、お金に糸目をつけない場合は両方買うと超幸せになります。

入学後パソコンがなくてはならないとわかった場合、急いで注文をしたとしても届くまで1週間もかからないと思います。その間は学校のパソコンを使えばなんとかなるので安心してください。

タブレットは一時的なつなぎとしてではなくその後の大学生活でも十分活用できるのでiPadを検討して見てください。おすすめです。

 

タブレット関連で買ったもの

 

 

 

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

 

 

自立させられるケース。動画を見たり、キーボードを打つときに活躍

 

 

ipad2018でノートを書いていると照明の反射が結構きになるのでアンチグレアの保護シートを使っています。ペンを走らせた感じも紙に近づいた感触。アンチグレアのものがベスト。